人形町の貸切サウナ『HUBHUB』のレポ!最高すぎたので語らせてくれ

人形町 HUBHUB サウナ レポ

どうも、俺です。

俺は先日、人形町に新しくできた『HUBHUB』のプライベートサウナに行ってきた。

これがもう、想像以上に最高で、惚れた。

なので、今回は、HUBHUBのサウナを使ってみた感想やサウナの内容について、語らせてくれ。

HUBHUBが気になっている人の参考になれば、幸いだ。

広告

HUBHUBのサウナの体験レポ

まずは、施設紹介や体験レポから。

外観

人形町 HUBHUB 外観

外観はこんな感じで、トレーラーハウス6台を接続した造りになっている。

人形町 HUBHUB 外観

左からレセプション、プール(サウナ)、宿泊部屋。

レセプション

人形町 HUBHUB BBQ

HUBHUBに行くと、まずはレセプションにて受付する必要がある。

人形町 HUBHUB BBQ

今回は使わなかったが、ここはBBQスペースも兼用。

人形町 HUBHUB BBQスペース

BBQのコンロはもちろん、キッチンやグラスなどもあるが、スタッフが常駐する場も兼ねているので、完全プライベート空間と言えないのが、ちと惜しい。

人形町 HUBHUB 待合室

サウナ開始まで、ソファーに座って待機。

脱衣所

人形町HUBHUB サウナ 脱衣所

脱衣所は、こんな感じ。

奥のドアがサウナ室のドア。

人形町HUBHUB 脱衣所 狭い

右のドアを開けたこのスペースが脱衣所だが、狭い上に、ハンガー・フック・カゴ等がないので、荷物や衣類は床に置くことになる。

しかも、脱衣所は2つしかないので、4人で行くと、残りの2人は別の場所に荷物を置かなければいけない。

人形町HUBHUB サウナ 脱衣所

脱衣所の手前にも僅かながらスペースがあるが、ぶっちゃけ、脱衣所としてはかなり狭くて窮屈。

備品として用意されているのは、以下。

用意されている備品
  • ポンチョ
  • ドライヤー
  • バスタオル
  • サウナマット
  • フェイスタオル

たったこれだけ。

アメニティもなければ、シャンプーやボディーソープなども一切ない。

なので、髪や体を洗いたい人は、シャンプーなどの持参必須。

洗面台もなければ、床にマットも敷かれていないので、サウナ利用中は床がビチョビチョになる。

なので、床にはバスタオルを敷くことを推奨。

サウナは最高なのだが、サウナ以外は微妙だと心得よ。

俺らは男4人で使ったので気にならないが、女性が利用する場合はご注意を。

この辺は、徐々に改善されることを祈るばかり。

余談だが、当施設を利用する場合は、水着が必須。

サウナ室

人形町 HUBHUB サウナ室

サウナ室の特徴をまとめると、以下。

サウナの特徴
  • 体感83℃
  • 天井が低い
  • 天窓がある
  • 椅子が丸太
  • ヴィヒタあり
  • 男女で利用可
  • 内装がオシャレ
  • セルフロウリュ可

まず驚いたのが、高さの違う丸太が椅子になっている点。

このタイプは初めてみたが、椅子を移動させることもできるので、好きな位置に動かし、写真を撮ることも可能。

人形町 HUBHUB サウナストーブ

サウナストーブは聞きなれないメーカーのストーブで、HARVIA製。

このストーブにヴィヒタ水をかけると、「ジュワジュワ」ではなく、「シュルシュルシュルー」という音を立てて、水が蒸気と化すのが印象的だった。

人形町 HUBHUB ヴィヒタ

珍しく、サ室内にヴィヒタもある。

このヴィヒタ水でセルフロウリュすると、一瞬にして白樺の香りが室内に充満して、最高。

人形町 HUBHUB サウナ室 天窓

さらに驚いたのが、サ室に天窓が付いており、空を見上げられること(写真ではビルが映ってるけどw)。

心地良い香りと蒸気に包まれながら、空を見上げるのが、何ともエモかった…

ほんのり薄暗いライティングも最高で、サウナ室を構成する全てに一切の妥協がない。

檜張りのサウナ室はアーチ状のデザインなので、曲線美で美しさにも拍車がかかっている

人形町 HUBHUB サウナ

美味しいものはカロリーが高いように、美しいものはコストが高いので、きっとこのサウナ室は、金と労力がかかっているに違いない。

とにかく、全てが斬新で、全く真新しい視覚体験も提供してくれ、俺は終始感激。

貸切なので、友達と気兼ねなく会話したり、時には静かに己と向き合い、友達にアウフグースしたり、最高のサウナ体験を友達と共有できるのが、非日常的でエモい。

HUBHUB、最高

ちなみに、サ室の温度は体感83℃ほどだったが、ロウリュを重ねる毎に、室内温度は徐々に上昇していくので、好みに合わせて調整できるぞ。

あと、俺らは使わなかったが、スマホから音楽もかけられる模様。

水風呂

人形町 HUBHUB 水風呂

水風呂の特徴は、以下。

水風呂の特徴
  • 1人用
  • 体感14℃
  • チラー完備
  • ライティングが幻想的

水風呂は、通路を抜けて外気浴スペースにある。

チラーを完備しているので、水風呂がキンキンに冷たいのが最高(設定温度は13〜15℃)。

冷たいのに、痛くない絶妙な設定温度だと感じた。

都会にあるプライベートサウナは、水風呂がなくシャワーが多いので、チラー完備の水風呂は贅沢 of 贅沢。

人形町 HUBHUB 水風呂

青のライトアップが幻想的かつ前衛的。

青のライトアップにより、壁や天井に青みがかった水の波紋が映し出される演出が、この上なくイケてる。

人形町 HUBHUB シャワー

水風呂の横に、温水シャワーがあるので、ここで汗を流してから水風呂に入ってくれ。

ちなみに、サウナの一連のマナーを知りたい人は、以下の記事が分かりやすいぞ。

休憩スペース

人形町 HUBHUB 外気浴スペース

多くの都市型のプライベートサウナでは、外気浴ができないが、ここでは外気浴が可能。

吹き抜けになっているので、開放感が全開なのも、整いを後押ししてくれる。

人形町 HUBHUB 整い椅子

しかも、人間工学に基づき開発されたであろうS字型のデッキチェアが2つあり、これが素材感含め体に馴染んで気持ちよすぎる。

俺調べでは、椅子に座るよりも、全身を伸ばして横になった方が、確実に整える。

余談

『ウェスティン都ホテル京都』の露天にも類似のS字デッキチェアがあったが、あまりの心地良さに感動。インフィニティチェアの次にくる整い椅子を垣間見た。

人形町 HUBHUB 外気浴
(サウナ初心者の友達が整っている瞬間)

夜空を見上げながら、風の愛撫を感じながらの外気浴は、控えめに言っても最高だ。

デッキチェアは2つしかないので、4人以上で行くと、椅子取りゲームが始まるので、譲り合いの精神でよろしく。

料金・サウナ利用方法

人形町 HUBHUB サウナ 料金

HUBHUBでサウナを利用する場合、以下2通りの方法がある。

サウナの利用方法
  • 日帰りプラン
  • 宿泊込みのプラン

関係者に確認したところ、2022年1月時点では、サウナに入れるのは1日2組だけ。

日帰りプラン1組、宿泊込みのプラン1組ずつなので、これは微妙に予約困難…

実際、予約カレンダーを見ると、サウナの日帰りプランは埋まりまくっており、稀に宿泊プランの空きがある感じ。

参考 HUBHUBの予約サイト

料金

料金はそれぞれ、以下。

日帰り20,000円
※最大4名まで
宿泊宿泊30,000円

サウナ15,000円
※最大4名まで

上記の料金を利用人数で割れば、一人当たりの料金になる。

例えば、日帰りプランを4人で利用するなら1人5,000円、宿泊プランでサウナを利用するなら、1人11,250円。

補足

宿泊料金は30,000円(4名まで利用可能)だが、サウナやBBQはオプションで付けられる。サウナは15,000円、BBQは15,000円。

ちなみに、サウナ、宿泊以外にもBBQプランがあり、こちらは20,000〜25,000円(4名まで)で利用可能。

予約カレンダーを見ると、BBQプランばかり空きが出ていて、全俺が泣いた。

サウナを使った感想

HUBHUBでサウナのみ利用した率直な感想をまとめると、以下。

良かった点
悪かった点
  • 脱衣所が窮屈
  • 整い椅子が少ない
  • アメニティー等がない
  • 予約サイトが使いにくい

解説していない点で言うと、公式サイト(予約サイト)が使い難いのが難点。

サウナの予約をしようとしたら、BBQの予約が表示されるのは、マジで分かり難い。

2021年11月にオープンしたばかりの施設なので、今後改善されていくとは思うが。

まとめ

以上が、HUBHUBの体験レポだ。

まだまだ改善の余地はあるものの、サウナだけで判断するなら、満足度がバチバチに高い。

都市型のプライベートサウナで、ここまで完璧に設計されたサウナ施設は、恐らくないはず。

サウナの設計者のセンスに、脱帽。

繰り返すが、ここのプライベートサウナは、他のプライベートとは一線…いや、国境を画すほどレベルが違う。

サウナを愛する人は、ぜひ一度訪れてみてくれ。

予約サイトが使い難いけどw

サウナ愛好家には、以下の記事も参考になるぞ。

関連記事