『大阪マリオット都ホテル』の宿泊記。客室からの眺めが非日常だった

大阪マリオット都ホテル ブログ宿泊記

どうも、俺です。

先日、『大阪マリオット都ホテル(カテゴリー6)』に宿泊してきた。

一泊してみて感じたのは、女性が喜ぶ非日常なホテルであるということ。

とにかく、客室からの眺めが圧巻で、高所恐怖症の俺は、美しさと怖さの狭間で揺れた。

今回は実際に泊まった感想やホテルの紹介をガチでしていくので、宿泊するか悩んでいる人の参考になれば幸いだ。

繰り返すが、このホテルは女性が喜ぶ非日常感があるぞ。

広告

ロビー・チェックイン

チェックインは19階で。

上の画像はホテルのロビーから見たラウンジだが、天井が高いので開放感が半端ない。

ご覧の通り、19階の時点で割と眺めが良い。

こちらがチェックインカウンター。

カウンターに向かっていると、スタッフが声を掛けてくれて、部屋まで荷物を運んでくれるホスピタリティを発揮。

少し待ち時間があり、ロビーにて待機。

ロビー横のオブジェクトが美しくて眺める俺。

程なくしてチェックインの手続きを行なったが、ノーストレスで快適だった。

大阪マリオット都ホテル 客室アップグレード

俺はマリオットのゴールド会員なので、今回は以下の特典を享受。

今回の特典
  • 客室のアップグレード
  • レイトチェックアウト(14時)
大阪マリオット都ホテル 展望台チケット

上記に加えて、何故かあべのハルカス最上階からの展望台入場チケット(1,500円相当)をゲット。

今回は客室アップグレードにより、高層階の52階の部屋に宿泊する事に。

大阪マリオット都ホテル 客室は38階から55階

ちなみに、大阪マリオット都ホテルは、38〜55階が客室エリア。

大阪マリオット都ホテル エレベーターホール

52階のエレベーターホールからの眺めは、こんな感じ。

高すぎて、もはや意味不明。

大阪マリオット都ホテル 廊下

ちなみに、廊下はスタイリッシュな雰囲気。

客室

大阪マリオット都ホテル 客室レビュー

今回、俺が宿泊したのは、「アッパーフロア スーペリアダブル」だ。

元々は「スーペリアダブル」を予約していたが、マリオットのゴールド会員のおかげで、2段階の客室のアップグレード。

高層階にするだけなら、1室3,000円程度の追加料金で出来るので、予約を取るなら「アッパーフロア」を推奨する。

このホテルに来たら、他のホテルでは味わえない眺望を必ず味わうべし。

39階の客室とか、ぶっちゃけ微妙。

それくらいの高さのホテルは、他にもあるので。

部屋のタイプ・料金を知りたい人は、以下の旅行サイトより確認してみてくれ。

参考 一休

率直な感想

まず始めに、客室の率直なレビューから。

良かった点
悪かった点
  • 電波が微妙
  • 陽の光で微妙に暑い
  • ドライヤーが安っぽい
  • 風呂から夜景は見れない(部屋によっては見える)

端的に言うと、

圧倒的に高層階(地上240m)に位置しているので、眺望が絶景なのは言わずもがな、空で生活しているような不思議な感覚に浸れる素晴らしい客室。

まさに、非日常空間。

大阪マリオット都ホテル 客室 眺め

遠くまで見えるのが、天に近いことを実感する。

文学的に例えるなら、芥川龍之介の『蜘蛛の糸』のお釈迦様の視点で、漫画で例えるなら『ワンピース』の空島にいるエネルの視点。

無駄に上手く表現しようとして、ごめんなさい。

これだけ天に近いと、圧倒的に静寂な空間で、これもまた非日常。

それでいて、客室も上質で洗練されており、ノーストレス。

強いて不満を挙げるなら、たまに電波が悪くなる事くらいだろうか。

しかし、これもWi-Fiに繋げば何ら問題なし。

それでは、写真と共に客室を紹介していこう。

ベッドルーム

玄関入ってすぐの写真がこれ。

棚を開けると、この棚の中にLANケーブルやパジャマが格納されている。

パジャマは上下セパレートではなく、一体になっているワンピースタイプ。

俺は、上下セパレートタイプのパジャマが好きだ。

ベッドルームは、シンプルながらも上質で洗練された雰囲気。

テレビはベッドからもソファーからも観やすい位置に。

ダブルベッドはシーリー社のGRANDEUR(グランデュア)で、快眠を約束すると言わんばかりの佇まい。

寝具が気持ちよくて、羽毛布団が心地よい温かさで、爆睡できたのは言うまでもない。

ベッド周りは落ち着いていた雰囲気。

ベッドサイドのボタンは、シンプルで分かりやすい。

もう片方のベッドサイドも、ボタンはシンプル。

ベッドサイドの引き出しには、セキュリティボックス。

窓際には、L字のソファーと丸テーブル。

ソファーで寛げるが、もう少し大きければ、窮屈さを感じないと思った。

ミニバーの近くには椅子、丸テーブル、空気清浄機。

こちらはテーブルの大きさと高さが丁度いいので、パソコン作業がし易い。

窓際から見た客室全体像。

大阪マリオット都ホテル ミニバー

ミニバーやグラスなどがある棚。

すりガラスをスライドすると、テーブル側にコンセント・LANポート。

お菓子は、ポテトチップス、ビスコ、ナッツの3種類。

ミニバーの料金は上の通り。

大阪マリオット都ホテル 客室 水

水2本は無料。

大阪マリオット都ホテル アイスペース グラス カップ

上の画像にあるのは、

客室にあるグラス類
  • グラス
  • カップ
  • ワイングラス
  • 急須と湯のみ
  • アイスペール
  • シャンパングラス
  • インスタントのお茶

もちろん、ネスプレッソマシーンもある。

味は2種類で計4カプセル。

ミニバーの中には、以下のドリンク(有料)がある。

前述の料金表を見ると、割と良心的な価格。

ミニバーにあるドリンク
  • お茶
  • ペプシ
  • ビール
  • 炭酸水
  • 赤ワイン
  • 白ワイン
  • シャンパン
  • オレンジジュース

ミニバー隣のクローゼットを開けると、バスローブ・スリッパ・アイロンなど。

バスルーム・トイレ・洗面台

大阪マリオット都ホテル トイレ

トイレは多機能。

トイレ、風呂、洗面所はそれぞれ独立。

体重計もある。

大阪マリオット都ホテル ドライヤー

ドライヤーはパナソニック製。

同じカテゴリ6の『ウェスティン都ホテル京都』のドライヤーは、「レプロナイザー4D」だったので、もう少し頑張ってほしいと感じた。

タオル・バスタオルは、安定の今治タオル。

今治タオルは吸水性が抜群で、肌にも優しいので、自宅に数枚所持することを推奨。

花王じゃないけど、「清潔で美しく健やかな毎日を目指す」ために、バスタオルなどの些細なアイテムにもこだわろう。

バスタオルなんて、毎日使うものなので。

created by Rinker
タオルショップ ブルーム
¥5,340 (2022/12/03 14:52:39時点 Amazon調べ-詳細)

バスルームは、スタイリッシュな感じ。

レインシャワーはないが、割と広々としているのが特徴。

十分に足を伸ばせる広さの浴槽。

浴槽の側には、2種類の香り(森林・ローズ)のバスソルトもある。

洗面台は、高級感のある造り。

アメニティ

アメニティは、タイ生まれの『THANN』のホテルオリジナルライン。

柑橘系の甘い優美な香りなのが特徴。

補足

小さいボトルに入っているタイプのアメニティは、持ち帰りOK。不安なら、フロントに電話して確認しよう。

大阪マリオット都ホテルのアメニティは、かなり充実。

アメニティ
  • 綿棒
  • 髪留め
  • 歯ブラシ
  • カミソリ
  • コットン
  • ヘアブラシ
  • ヘアバンド
  • ボディータオル
  • シャワーキャップ
  • マウスウォッシュ
  • スキンケアセット
  • シェービングジェル

痒いところまで手が届いているアメニティの数々。

大阪マリオット都ホテル アメニティ スキンケア

女性用スキンケアは、「マーガレットジョセフィン」。

大阪マリオット都ホテル アメニティ スキンケア

メンズスキンケアは、「ラゴラ」。

男性用スキンケアまであるのが、有難い。

館内施設

館内にある施設は、以下の通り。

館内施設
  • バー
  • ラウンジ
  • レストラン
  • ビジネスセンター
  • フィットネスジム
  • リテールショップ

ZK(ジーケー)

大阪マリオット都ホテル レストランzk
引用元

大阪マリオット都ホテルの最上階の57階(約270m)にあるレストラン。

どの席からも景色を楽しめる構造になっているので、特に記念日で使うのがオススメ。

この夜景は、半端ないって。

57階での食事は、滅多に経験できるものではないので、宿泊でなくても一度は来てみたいもの。

レストランの詳細、コース料金が知りたい人は、以下より確認してみてほしい。

参考 ZKをネット予約

ラウンジプラス

大阪マリオット都ホテル ラウンジ

19階にあるラウンジ。

かなり天井が高くて開放感とラグジュアリー感がある。

チェックインまでの隙間時間で、ここでアフタヌーンティーをするのもアリ。

バープラス

19階にあるバー。

大開口の窓からの夜景を嗜みながら、お酒を楽しめるのが特徴。

営業時間は、24時までなので、ぜひ利用してみてくれ。

ビジネスセンター

会議や個室ブースがあるのが、38階の「ビジネスセンター」。

個室での作業はもちろん、デスクトップパソコン、プリントアウト、コピー、ファックスなどが無料で利用可能。

フィットネスジム

38階には、ジムもある。

ポイントは、

ポイント
  • 24時間営業
  • レンタルウェア/シューズは無し

結構広くて、機材は一通り揃っている。

窓際にある有酸素マシンを使えば、大阪を一望可能。

遥か彼方まで見えるので、まさに天空のフィットネス。

ウェイトトレーニングも可能。

ヨガやバランスボールを使うスペースもある。

タオルや水のサービスもあるので、客室からの持参は不要。

宿泊記まとめ

大阪マリオット都ホテルに泊まった感想・評価をまとめると、

良かった点
悪かった点
  • プール・サウナ・大浴場が無い
  • 外出した際、客室に戻るまで遠い

一言で言うと、

日本トップクラスの眺めが楽しめて、静寂で優雅な非日常感を楽しめるホテル。

それゆえ、女性を喜ばせたり、記念日にももってこい。

また、カテゴリー6とは思えないほどの高い水準のホスピタリティを感じ、また必ずリピートしたいと感じた次第。

要するに、モテる(笑)

ただし、食事と宿泊以外はすることがないのが、微妙にネック。

ちなみに、『大阪マリオット都ホテル』を予約するなら、『一休』が安い。

繰り返すが、予約するなら50階以上確約の「アッパーフロア」にすることを推奨。

参考 一休

楽天ユーザーは、『楽天トラベル』だとポイントが貯まりまくるぞ。

参考 楽天トラベル

もし、インスタ映え、大浴場・プール・サウナなどを希望するのであれば、心斎橋『W大阪』がオススメ。

こちらも若い女子ウケ抜群のホテルだ。

関連記事