ロマン!取調室でカツ丼が食える銀座『BAR七曲署』を語らせてくれ

取調室 カツ丼 BAR七曲署

Twitterでコスパグルメを発信中!
フォロワー2万人
\フォローはこちら

どうも、俺(@ore_meshi29)です。

刑事ドラマで見かける取調室でのカツ丼に見覚えはないだろうか?

あのカツ丼が日本で唯一?、罪を犯さずとも食べられる店が銀座にある。

その名も、『BAR七曲署』

察しがいい人は「七曲署」がドラマ『太陽にほえろ』に登場する警察署であることに気づくらしいが、俺は1mmも気づかなかったが。

今回は、そんなロマンに溢れた『BAR七曲署』を紹介しよう。

広告

料理・内装

誤解してほしくないが、この店はBAR。

BARでカツ丼を提供しているので、まずはそれを頭に叩き込んでほしい。

BAR七曲署 カツ丼

実際のカツ丼がこちらだが、”取調室のカツ丼”を再現しすぎにも程がある。

サックサクのカツの上半分に、とろっとろの半熟卵を乗せることで、カツ丼のサクサクした食感を損なわない工夫を感じる一品。

取調室 カツ丼 BAR七曲署

実はこのカツ丼、グッチ祐三がプロデュース(笑)

店主も警察のコスプレしてるし、ネタ枠かと思いきや、美味くてビックリだが、その理由に納得。

取調室のカツ丼 BAR七曲署

ドラマの取調室の雰囲気だけでなく、カツ丼も本気と書いてマジなやつ。

なんせ、たくわんの位置が味で勝負している老舗のそれだし、本来は余罪を聞き出す場であるにも関わらず「美味い」を引き出そうときてる

“取調室のカツ丼”を超えて”食べログとんかつ100名店”を目指す真剣味を感じた。

ツッコミどころは満載だが、料理として美味い。

余談だが、酒にこだわっているのか、酒がかなり美味かったのも印象深かった。

恐るべし、『BAR七曲署』。

料金

ピーポくん
(ピーポくんがこんにちは)

カツ丼は2,000円で、ドリンクは記憶している限り、ソフトドリンク含め全て1,000円以上。

また、BARなのでチャージ料金1,000円がかかる。

なので、カツ丼を食べる場合は、最低3,000円。

唯一無二の場所なので、チャージ料金は仕方ないし、飲み物が1,000円以上なのはBARでは普通。

予約方法

ネット予約は食べログで可能。

席のタイプが、

座席
  • 取調机①
  • 取調机②
  • カウンター

上記の3種類あるので、俺が座った取調机①(2-4名)を利用したい人は、予約時に「取調机①を希望」とリクエストしてくれ。

BAR七曲署 座席

取調机②は上の写真の右の小さい机(笑)

写真左手がカウンターで、カウンターになると警察署感は薄れる。

1人の場合は、カウンター席しか使えないので、ご注意を。

場所やネット予約は以下の食べログからどうぞ↓

参考 店の詳細を食べログで確認

まとめ

面白いコンセプトのBARなので、興味がある人は行ってみてくれ。

繰り返すが、本来はBARなので、せっかくなのでカツ丼に合わせてお酒も楽しんでほしい。

Twitter(@ore_meshi29)でコスパ最高のグルメを紹介しているので、ぜひフォローを!

関連記事